ファッション

アルページュの「ジャスグリッティー」2019-20年秋冬は大人向けに刷新

 アルページュの「ジャスグリッティー(JUSGLITTY)」は2019-20年秋冬から、主なターゲットをこれまでの20代後半~30代中盤から40代以上の大人の女性に変更し、MDを刷新する。主力のワンピースやスカート、コート全般の丈感を見直し、体型カバーアイテムも積極的に取り入れる。

 06年秋冬にスタートした同ブランドは、ワンピースを主力アイテムに、タイトなトップスには膝丈のスカートを合わせるといった、比較的若い女性のオフィスカジュアルや休日の外出をイメージしたスタイルを打ち出してきた。「立ち上げ当初からファンでいてくださるお客さまが年を重ねられていることから、今後は彼女たちにもっと寄り添った提案をしていく」と佐々木絵里プレス。

 今季からはワンピースやスカート、コートなどの着丈を平均5~10cm長くし、大きめシルエットのローゲージニット(1万4000円)など体型カバーを意識したアイテムも増やした。これまではピンクベージュやライトグレーなどフェミニンな色のアイテムが多かったが、モカやグレージュなどを取り入れて全体的にエレガントなムードに仕上げた。

 また全国で13店舗を展開する同ブランドは、ファッションビルに加え百貨店も主な販路。「働く女性向けにスーツの展開もいっそう強化する」ため、18-19年秋冬まではジャケットが数型だけだったが、今季は3万円台のウールジャケットなど、比較的安価かつ上質な商品提案にも取り組む。セットアップで使用できる同素材のスカート、ワンピースも展開する。

 既存の若い女性客も取りこぼさないよう、引き続きミニスカートや膝丈ワンピースの展開も続ける。丈の短いオフホワイトのスカート(2万円)はダブルのショートコート(4万5000円)とセットアップで上品に着こなしたり、ロングブーツと合わせたりと、「より上の年代の女性にも着てもらえるようにスタイリングの見せ方を工夫していく」という。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら