ファッション

音楽レーベルの“ワープ”が30周年を記念したポップアップを開催 大竹伸朗デザインのTシャツも

 今年で30周年を迎えた音楽レーベル“ワープ(WARP)”が、30週年を記念したポップアップストアを6月8〜9日に東京・原宿のJOINT HARAJUKU 2ndで開く。“ワープ”からはこれまでにエイフェックス・ツイン(Aphex Twin)やオウテカ(Autechre)、ブラッド(Blood)、スクエアプッシャー(Squarepusher)らエレクトロニックミュージックの大御所を筆頭に、チック・チック・チック!!! (Chk Chk Chk)やフライング・ロータス(Flying Lotus)といった新しい才能が登場している。
 
 目玉アイテムは、現代美術家の大竹伸朗がデザインを手掛けたTシャツで、ほかにもキャップなど30周年記念オフィシャルグッズを販売する。さらに昨年発売されたエイフェックス・ツインの海外限定オフィシャルグッズの再販売(9日のみ)に加えて、フライング・ロータスの最新作「Flamagra」やプラッドの最新作「Polymer」のオフィシャルグッズなど同店でしか手に入らないレアアイテムも販売する。2日間ともに整理券優先での入場となる。

■WxAxRxP POP-UP STORE
日程:6月8〜9日
時間:11:00〜19:00(9日は〜18:00)
場所 : JOINT HARAJUKU 2nd
住所 : 東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE 104
*整理券の抽選受付は終了

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら