ファッション

「バビロン エルエー」が東京でポップアップ VERDYのブランドや「ネイバーフッド」など5組とコラボ

 カリフォルニアのハードコアバンド、トラッシュ トーク(TRASH TALK)のメンバー2人が始動したスケートブランド「バビロン エルエー(BABYLON LA)」は、親交が深いグラフィックデザイナーのVERDYが手がける「ウェイステッド ユース(WASTED YOUTH)」をはじめとする5組のブランドやアーティストとのコラボレーションアイテムを発売する。商品は5月11、12日に、原宿のギャラリー コモン(Gallery COMMON)で開催されるポップアップストアで販売する。

 今回コラボレーションするのは、「ウェイステッド ユース」のほか、原宿を代表する老舗ストリートブランド「バウンティーハンター(BOUNTY HUNTER)」や「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」、世界的に活躍するコラージュアーティストの河村康輔、細川雄太が手がけるリメイクブランド「レディメイド(READYMADE)」。「ウェイステッド ユース」とはブランドロゴが付け外しできるキャップ(7000円)やフーディー(2万3000円)、河村康輔とはコラージュ作品を大きく配置したブランケット(2万2000円)など、ユニークなアイテムを展開する。

 ポップアップの当日は混雑が予想されるため、抽選で入場の順番を決める。抽選に関する詳細はインスタグラムアカウントで発表する。また発売を記念して、10日に渋谷のHARLEMでトラッシュ トークとラッパーのkZmによるスペシャルライブイベントも開催する。

■BABYLON LA POP-UP in TOKYO
日程:5月11日〜12日
時間:11:00〜19:00
場所:ギャラリー コモン
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-9 1階
※入場順は抽選

■スペシャルライブイベント
日程:5月10日
時間:17:00〜20:00
場所:HARLEM
住所:東京都渋谷区円山町2-4
入場料:2500円
出演:トラッシュ トーク、kZm、RiKiYAほか

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら