ファッション

「コンバース トウキョウ」 が GWに「ミュベール」「テグテグ」とのコラボ商品を発売

 「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」は2019年春夏、中山路子が手掛けるウィメンズブランド「ミュベール(MUVEIL)」と、DJ DARUMAとTOKO夫妻が手掛ける子ども服ブランド「テグテグ(TEG TEG)」とコラボレーションした新ラインをスタートする。いずれも親子でリンクコーデを楽しむことができるTシャツをラインアップし、ゴールデンウイーク期間中に発売する。

 「ミュベール」とのコラボレーションライン“コンバース トウキョウ × ミュベール(CONVERSE TOKYO x MUVEIL)”のTシャツは、“Wish Upon a Star 星に願いを”をテーマにした星座のプリントが特徴的。「ミュベール」初のメンズサイズ(1万3000円)に加え、ウィメンズ(1万3000円)とキッズ(6800円)をそろえる。また「ミュベール」の人気商品である4人組のオシャレなマダムをイメージしたぬいぐるみチャーム“グランマ・チャーム”(各1万4000円)も「コンバース トウキョウ」仕様になって登場。グランマたちがバスケット、テニス、バドミントン、ランニングの4つのスポーツスタイルを装ったデザインになっている。4月26日に「コンバース トウキョウ」直営店限定アイテムとして発売する。

 「テグテグ(TEG TEG)」との新ライン“コンバース トウキョウ × テグテグ(CONVERSE TOKYO x TEG TEG)”は5月5日の子どもの日に合わせてTシャツコレクションをリリースする。デザインは「テグテグ」のアイコニックなディスクロゴに“CONVERSE TOKYO”の文字を加えたグラフィックから、スーパーヒーロー風のパロディーなど6種類。大人サイズが5800〜6800円、子どもサイズが3800〜4800円。「コンバース トウキョウ」直営店と公式オンラインストアで取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら