紙面紹介

ギャルソンが考える新しい売り方 ドーバー ギンザに見るリアル店舗の強さ

 「WWDジャパン」4月15日号の表紙は、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の川久保玲デザイナーがディレクションする東京・銀座のセレクトショップ、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で開催された新イベント「オープンハウス」のために集まったデザイナーやアーティスト、関係者の集合写真です。世界中の若手ブランドから歴史あるブランドまでがこの1日のためにさまざまなコンテンツを企画。オンラインでモノが売れていく時代に、リアル店舗でデザイナーに会える機会はまさに“オフ会”。中面ではイベントをリポートしています。

 特集は「バイヤーに聞く2019-20年秋冬イチ押しブランド&アイテム」をお届けします。主要都市のファッション・ウイークを訪れたセレクトショップと百貨店の自主編集売り場の21ショップ、22人のバイヤーにアンケートを実施。買い付けのプロがリアルに売れると予測するブランドやアイテムを紹介します。

 また、スイス・バーゼルで開催された世界最大の時計・宝飾見本市「バーゼル・ワールド(BASEL WORLD)」 をリポート。高額な出展料や運営体制に対する長年の不満から、出展や来場者が大幅に減少し、同見本市の存続が危ぶまれる中、各ブランドが“値頃感”のあるモデルを披露していたのが特徴的でした。「ブルガリ(BVLGARI)」「Gショック(G-SHOCK)」「シャネル(CHANEL)」などの新作を紹介しています。

 ニュース面では、今、知っておくべきサステイナビリティー最新事情“循環型ファッション”にフォーカスしています。H&Mファンデーションがスウェーデン・ストックホルムで開催した「グローバル・チェンジ・アワード」の取り組みを紹介し、“循環型ファッション”について解説。サステイナブルファッションのエキスパート、レべッカ・アーリー=ロンドン芸術大学教授兼サーキュラーデザインセンター共同代表のインタビューも掲載しています。

 新連載「齊藤孝浩のファッション業界のミカタ」がスタート。「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表を迎え、企業の決算書を読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明らかにしていきます。記念すべき第1回は「ザラ」を擁する世界ナンバーワンSPA企業インディテックスの決算書を読み解いています。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 2019-20年秋冬トレンド バイヤー22人に聞くヒット確実アイテム
  • 2019年「バーゼル・ワールド」特集

EDITOR’S VIEW

  • 「無印良品」のDNA

NEWS

  • 今秋開業の渋谷パルコに「グッチ」「ロエベ」が出店か
  • 建て替え中の大丸心斎橋店本館 65%を定借で運営へ
  • マスカスタマイゼーション事業を柱に育成 オンワード新中計
  • ファストリ上期は中国が絶好調 売上高は6.8%増の1兆2676億円
  • 「ギャップ」が原宿の旗艦店を5月7日閉店
  • ドーバーが仕掛けるリアルでしか楽しめないコミュニティー作り
  • サステイナビリティー最新事情 動き出した“循環型ファッション”

SERIES

  • 新連載 齋藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:決算書に見る最新SPA「ザラ」
  • インスタグラム全盛期を攻略せよ:“アグリゲーション”では元投稿から一体何を、どう変えた?
  • ファッション業界人物列伝:トリンプ・インターナショナル・ジャパン元社長 吉越浩一郎 第7話

FASHION PATROL

  • おめでとう、マーク!結婚パーティー参加者の豪華な面々

WEEKLY SCHEDULE

  • 4月15日~4月21日

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら