ファッション

ラフォーレ原宿の2019年ビジュアルは新種のキモカワアニマル 

 ラフォーレ原宿は、2019年の年間広告ビジュアルを公開した。アートディレクターを務めたのはスティーブ・ナカムラ(Steve Nakamura)で、15年から5年連続で年間広告ビジュアルのディレクションを手掛けている。今回のコンセプトは”NEW CREATURES”。猿やカエル、ライオン、亀、犬、コアラ、ダチョウなどのさまざまな動物たちの特徴やキャラクター、ジャンル、スタイル、体型、カラーなどを思うがままに組み合わせ新種を生み出した。

 ラフォーレ原宿の広告ビジュアルは気鋭のアートディレクターの登竜門の仕事の一つで、過去には野田凪や古平正義、長嶋りかこらが手掛けた。

 スティーブ・ナカムラは1973年LA生まれの日系アメリカ人。2001年に来日。きゃりーぱみゅぱみゅの2011年のデビュー時から16年までCDジャケットのアートディレクションを担当し、ナイキ(NIKE)の広告キャンペーンや野性爆弾くっきーとコラボレーションした”超くっきーランド”のメーンビジュアルなどを手掛けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら