ファッション

「アニヤ・ハインドマーチ」の19年春夏コレクション “ニーソン”バッグにフォーカス

 英国のバッグブランド「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」は、2019年春夏コレクションで“ニーソン(NEESON)”にフォーカスする。

 レザーやラフィアを編み込んで作ったバッグ“ニーソン”は2006年に初登場。今季は文字やモチーフが編み込まれたトートバッグやクロスボディ、クラッチをそろえる。また、3月6~12日には伊勢丹新宿本店でポップアップを開催する。その後も4月1~7日にギンザ シックス(GINZA SIX)、4月24~30日に阪急うめだ本店でもポップアップを開催する。ポップアップでは“ニーソン”の表面に、カラフルなレザーを通し、自分の好きな文字やシンボルを編み込むことができる。

 19年春夏の「アニヤ・ハインドマーチ」は、その他にも“ヴェレ(VERE)”シリーズのチャビーなキルティング仕上げのバッグや6つの小さなポーチがアコーディオン状に連なった“ファイリング キャビネット(FILING CABINET)”、カラフルなパイソン柄のトートやクロスボディをそろえる。ハンドルやストラップを自在に付け替えることができる“ビルド ア バッグ”も今季はパイソンプリントで登場するなど、遊び心が詰まったコレクションを展開する。

■アニヤ・ハインドマーチ「ウィーヴ・プロジェクト」
日程:3月6~12日
場所:伊勢丹新宿本店本館1階 ハンドバッグ / プロモーション
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

日程:4月1~7日
場所:「アニヤ・ハンドマーチ」ギンザシックス店
住所:東京都中央区銀座6-10-1

日程:4月24~30日
場所:阪急うめだ本店
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら