ビューティ

人気美容師の時枝弘明と中村太輔が監修したヘアケアブランドが登場

 東京・銀座にあるヘアサロン「ステアケース(stair:case)」は12月初旬から、同サロン初のヘアケアブランド「ステアケース ギンザ」の販売を開始した。同サロンは、日本屈指のヘアカラーリストとして業界をけん引する中村太輔カラーリストと、パーマの第一人者として知られる時枝弘明スタイリストがタッグを組み、今年2月1日にオープンしたもの。2人は同ブランドの監修を行い、これまでの経験から得た知識と技術の全てを注ぎ込んだという。  

 ラインアップは、鮮やかなカラーを長持ちさせるとともに髪表面のコンディションを整えるカラー用シャンプー、パーマを持続させ、髪のハリ・コシを高めて弾力のあるカールをかなえるパーマ用シャンプー、補修効果の高い美容液成分を配合したトリートメントの3種だ。

 「補修成分のアミノ酸を19種類も配合していたり、美容液成分のフラーレンを配合していたりと徹底的にぜいたくな美容成分にこだわった“過保護なシャンプー”となっている。ともにその分野を追求してきたプロフェッショナル2人が監修した、髪のコンディションをベストな状態にしておくことができるシャンプーとトリートメントだ」と時枝スタイリストは話す。パーマ用シャンプーなど珍しい要素も多く、注目を集めそうだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら