ニュース

「エチュードハウス」のホリデーコフレ ツリーのオーナメントを思わせるミニコスメ

 韓国コスメブランド「エチュードハウス(ETUDE HOUSE)」は11月19日、ホリデーコレクション「タイニートゥインクル コレクション」を発売する。クリスマスツリーを彩るオーナメントのようにきらきら輝くミニコスメのアイシャドウやリップ、ハンドクリームなど幅広くそろえる。

 「カラーアイズ」(2400円)は、肌になじみやすい9色が入ったアイシャドウパレット。ベーシックなカラーをそろえ、深みのあるグラデーションを作ることができる。「ローズゴールド」と「ゴールデンブロンズ」「シルバークリスタル」の3つを展開する。

 「ディア マイブルーミング リップトーク タイニートゥインクルエディション」(3600円)は、マットタイプが7本、グリッタータイプが3本入った豊富なカラーバリエーションをそろえたミニリップセット。 単色使いだけでなく、マットタイプの上からグリッタータイプを重ねるダブル使いもできる。その他リップでは、ベルベットリップの「ミニマットシックリップラッカーオーナメント」(1800円)やリップカラー3色に限定デザインのケースとキャップが付いた「ミニトゥーマッチオーナメント」(2100円)をラインアップする。

 大粒グリッターで目元にきらめきをプラスできるリキッドアイシャドウ「ミラーホリックオーナメント」(2200円)や、透明感のある肌を実現する「ミニドロップパールベースキット」(2700円)、ハンドクリームが6種セットになった「ハンドクリームセット」(2700円)も登場する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら