ニュース

イガリシノブが手掛ける「フーミー」新作はアイブロウが中心 カラースティック新色も

 人気ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブが手掛けるコスメブランド「フーミー(WHOMEE)」は9月22日、第2弾アイテム全19種を発売する。今回はイガリ=ヘア&メイクアップアーティストが顔の立体感や印象に最も影響すると考えるパーツとして眉に着目し、アイブロウアイテムを中心にラインアップした。

 メーンとなるのは「アイブロウパウダー」(全2種、各1800円)で、それぞれ3色が入ったパレットは眉を描くカラーの2色に加え、コントゥア効果を出す1色が選ばれている。また、パウダーに合わせて「アイブロウブラシ 熊野筆」(1800円)も発売する。その他「アイブロウペンシル」(全2色、各1300円)や、アイブロウだけでなくマスカラとしても使用可能な「マルチマスカラ」(全3色、各1500円)、筆先が曲がった独特の形状の「スクリューブラシ」(1000円)もそろう。

 カラーアイテムには、アイシャドウやライナーとして使用できる「マルチライナー」(全3色、各1500円)や口紅とコンシーラーがデュアルエンドになった「ダブルリップライナー」(1500円)など新作が登場する。既存の人気カラースティック「マルチグロウスティック」にもパープルやシアーレッド、ピンクブラウン(新3色、各1800円)が追加された。ベースアイテムには毛穴隠し化粧下地「スムーススキンベース」(1800円)とフェイスシャドウ「ちっちゃ顔シャドウ」(1800円)が加わる。

 また、ブランド初のスキンケアアイテムとして「オイル美容液」(2800円)が登場。アトピーなど肌悩みを抱えるイガリ=ヘア&メイクアップアーティストが自身の肌でも使えるように作ったというアイテムで、スキンケアにはもちろん、ファンデーションの上から使用することも提案している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら