ファッション

そごう横浜店が足病医らと“美パンプス”発売

 そごう横浜店は3月16日、足病専門の林美香・医師とそごう横浜店上級シューフィッターの林美樹、浅草のオーダーシューズメーカーであるモーダコジマの小嶋隆行の、3者コラボで開発したパンプス「ドクターミカ エイチ ニューヨーク(DR MIKA H. NEW YORK)」を発売する。インナーソールにドクターの意見を取り入れた“美パンプス”は、足に悩みを持つ女性に朗報だ。5色展開で価格は各3万7000円。

 同店は2013年から、婦人靴売り場の上級シューフィッターがメーカーと一緒に開発したパンプスを販売し、「ファッション性が高いパンプスでありながら、痛くなりにくく、脱げにくい」とこれまで高い支持を得ている。そこで今回、木型やインソールをさらに改良したパンプスを作ることで、足悩みを持つより多くの女性にアプローチする。

 林医師はニューヨーク在住で、日本人だけでなく、ブロードウエイのダンサーなどトラブルを抱える多くの人の足を診てきている。今回考案した特殊なインソールは、横アーチを持ち上げ、足指が伸びるパッドを使用。このインソールにより足が前にズレにくくなり履き心地も各段に向上する。加えて、上級シューフィッターが監修した、甲が薄く幅広い(開張足)現代女性の足に合わせた木型をオリジナルで製作。前すべりが少なく、小指が当たりにくいという特徴がある。革は最高級のイタリアンカーフとソフト感覚のシープを使用し、足あたりがやさしいにもかかわらず、しっかりしていて型崩れしにくい。7センチのピンヒール、浅い履き口のラウンドトーで、足がきれいに見える作りだ。

 なお4月1、7、8日に、林医師によるセミナー「足病医が語る、知って得する足と靴のここだけの話」を、そごう横浜店地下1階特設会場で開催する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら