ファッション

“ほぼ日5年手帳”が3種類の専用カバーと共に新発売

 ほぼ日は12月1日、“ほぼ日5年手帳”(3800円)を発売する。2018〜22年の毎日を記録できる新商品だ。手に収まるA6サイズで、小型の辞書のような造本の茶色の表紙には、文字が金色で箔押しされている。3.7mmの方眼が入った、薄くて軽い用紙トモエリバー、180度開く製本、ページに入っている「日々の言葉」など、既存の“ほぼ日手帳”の特徴が継承されている。

 レイアウトは、左ページに1日ごとの日付と曜日、5年分の西暦のみを記載し、右ページをフリースペースにしたシンプルなもので、1日分のスペースは178マス。専用の牛革カバー(4500円)は、赤、黒、経年変化を楽しめるヌメ革の3種類をそろえる。

 11月15〜19日に六本木ヒルズで開催された「生活のたのしみ展」で先行販売された。販売店舗は、ほぼ日ストア、TOBICHI(とびち)、ロフト、東急ハンズ、アマゾン(AMAZON)など。ほぼ日ストア、TOBICHIで購入すると、特典として封筒型の“すこし秘密ぶくろ”がつく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら