ファッション

丸山敬太と風間ゆみえがチャイナドレスをデザイン 丸山邸1周年記念イベント

 「ケイタマルヤマ(KEITA MARUYAMA)」は青山にオープンした丸山邸のオープン1周年を記念し、スタイリストの風間ゆみえとのコラボレーションアイテムを10月7日から販売する。
 
 丸山邸は丸山敬太「ケイタマルヤマ」デザイナーが、楽しいこと、感動できる場所を作りたいという思いでオープンしたコンセプトストア。今回のコラボは「自分にぴったりと似合う素敵なチャイナドレスをオーダーしたい」という風間の思いから実現した。丸山邸では、アジアンテイストな服や雑貨などを販売する。メーンアイテムは上海で買い付けてきたシルク地や、丸山敬太が所有するビンテージ生地などを使用してオリジナルで製作したチャイナドレス(9万8000~12万円)だ。その他、アンゴラカーディガン(3万5000円)、シルクドレス(6万8000円)などもそろえ、2人が上海で買い付けたマグや壺などの陶器やスリッパなども販売する。さらには、ヨーロッパのアンティーク家具を取り扱うロイズ・アンティークの椅子や食器棚をアーカイブの生地でリメークしたオリジナルの家具も並ぶ。

 また高島屋名古屋店(10月18~24日)、伊勢丹新宿本店(11月1~7日)、阪急うめだ本店(11月15~21日)でのポップアップショップもオープンする。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら