フォーカス

イタリア発のあまのじゃくなブランドに翻弄されたい

 「最近、いいブランドありません?」。記者なんて仕事をしていると、週に何度かはこの質問にあいます。「う~ん……」と眉間にシワを寄せても、何も出てこないときもあるんですが(笑)、「その質問、待ってました!」と思えるブランドに出合いました。2011年デビューのイタリアのストリートブランド「パドゥメ(PAS DE MER)」がそれです。

 デザイナーはアンドレア・ブセリ(Andrea Buselli)とルカ・ピリナ(Luca Pirina)の2人で、どちらもイタリア・サルデーニャ島の出身。現在も同島に住んでいます。“地中海の宝”とも形容される島に暮らし、美しい海にぐるりと囲まれているのに、ブランド名はフランス語で「海(MER)の(DE)ない(PAS)」。もう、あまのじゃくは始まっています(笑)。しかも2人ともサーファーだっていうんだから、ツッコミどころは満載。

 全てのアイテムがカラーバリエーションを設けない1色展開だったり、17-18年秋冬物のデリバリーが11月だったり。絶妙な、やる気のなさもチャーミング。価格帯はTシャツやキャップで7000~1万円。スエットで1万7000~2万円。シニカル、だけどどこか憎めないクリエイション群は、日本国内ではエディション(EDITION)やウィズム(WISM)でバイイングされています。

 記者が個人オーダーしたのは、アメリカ東海岸を象徴するオックスフォード素材のボタンダウンシャツとアイビーリーグを連想させるスクール調のマフラー。フランス語をブランド名にしたイタリア人が作るアメリカンなアイテム――はい、記者もなかなかにあまのじゃくなんです(笑)。