ファッション

ロボットが正しい歯磨きを指南 サンスターとシャープの新アプリが配信

 サンスターグループ オーラルケアカンパニーとシャープは8月31日、スマート歯ブラシ「ガム・プレイ(G・U・M PLAY)」と、モバイル型ロボット「ロボホン」が連動する新アプリの配信を開始する。
 
 新アプリ「歯みがき」は、シャープとロボットクリエイターである高橋智隆・東京大学先端科学技術研究センター特任准教授兼ロボ・ガレージ代表が共同で開発した、世界初モバイル型ロボット電話の「ロボホン」が、正しい歯の磨き方をレクチャーするなど「ロボホン」と一緒に歯磨きする時間を楽しむことができる。アプリには「レクチャーモード」「ゲームモード」「演奏モード」「音楽モード」の四つのモードがある。「ガム・プレイ」と接続して歯ブラシの動きをデータとして取得することで、自分の歯の磨き方に合わせて「ロボホン」からコメントをもらえたり、歯磨きの日時・回数などのデータが自動的に「ロボホン」に記録されたりする。

 サンスターはIoT歯ブラシ市場を、シャープはコミュニケーションロボット市場を新たに切り開いていく中で、サンスターは歯みがき習慣の改善を目指し、シャープはコミュニケーションロボットによる生活習慣のサポートを目指すという、両社の目的の実現に向けて今回の連携に至った。今後は、一般消費者向けだけでなく歯科医院など法人向けの活用も推進していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら