フォーカス

注目の新型デジタルチェキは流行るのか

 富士フイルムは5月19日、インスタントカメラ「チェキ」の新作“instax SQUARE SQ10”を発売する。撮った写真をその場で印刷できるインスタントカメラとして一躍有名になったチェキに、初めてデジタル技術を搭載。SNSを意識した正方形のデジタル画面上で画像を加工した後に、アナログ独特の風合いで印刷ができる。市場価格は推定税込3万円前後。自動露出調整や人物検出、オートフォーカスといったデジタル機能が充実しており、フィルムでは得られなかった画像クオリティーを実現できる。

 チェキといえば、これまでもブランドコラボやイベント活用など、ファッション業界と馴染みの深いアイテムでもある。30周年を迎えた「写ルンです」が若年層の間で再ブームになった一方で、2016年7月に発売されたスマホの画像をチェキ風に印刷できる「スマホ de チェキ」“instax SHARE SP-2”とともに、デジタルとアナログをうまくミックスした“ハイブリッドカメラ”にも注目が集まりそうだ。そんな話題沸騰中の“instax SQUARE SQ10”の機能を確かめるべく、サンプルを入手した。