ファッション

ファッション界のスター集合、米「ハーパーズ バザー」が150周年イベント

 米「ハーパース バザー(Harper's BAZAAR)」のグレンダ・ベイリー(Glenda Bailey)編集長は「メットガラ(MET GALA)」前日の4月30日、同誌の創刊150周年を記念したイベント「Harper's Bazaar:150 Years:The Greatest Moments(ハーパース バザー : 150周年 : 最高の瞬間)」を開催した。アメリカン・エキスプレスがスポンサーに就いた同イベントは、カード会員にファッションやエンターテインメント界の大御所と顔を合わせるチャンスを提供するグローバルの顧客キャンペーンの第1弾だ。

 会場には、エンターテインメント界からは歌手のセリーヌ・ディオン(Celine Dion)や女優のリーズ・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)、モデルのミランダ・カー(Miranda Kerr)、ファッション業界からはトミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)、トム・フォード(Tom Ford)、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)、クリストファー・ケイン(Christopher Kane)、「プロエンザ スクーラー(PROENZA SCHOULER)」のラザロ・ヘルナンデス(Lazaro Hernandez)とジャック・マッコロー(Jack McCollough)、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)「グッチ(GUCCI)」クリエイティブ・ディレクター、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」アーティスティック・ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)「ヴァレンティノ(VALENTINO)」クリエイティブ・ディレクターら豪華ゲストが駆けつけ、同誌の150周年を祝った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら