ファッション

多摩美の学生によるニットウエアの展覧会が開催

 多摩美術大学(多摩美)はテキスタイルデザイン専攻の学生による展覧会を12日まで代官山のヒルサイドテラスで開催した。展覧会では3年生13人が制作したニットウエアを展示。生徒らはデザイン、材料の調達、制作、ビジュアルの撮影、プレゼンテーションの全プロセスを7週間で完成させた。会場には古着を細かく裂いて編み込んだニットや、ビニールテープを溶かして毛糸と編んだものなどユニークな発想の作品が並んだ。

 多摩美の吉川真由・准教授は「糸の使い方やテキスタイルの加工などの実験を繰り返して自分たちで学びながら、頭の中にあるデザインを形にしていくのがこの授業の目的」と話す。原価や人件費などのコスト計算もしながら製品に落とし込んでいく。今後は産学連携を強化し、産地の活性化にもつなげる取り組みをしていきたいという。会場を訪れた、同校出身の三原康裕「ミハラヤスヒロ」デザイナーは、「多摩美はアカデミックな授業が多いので、人が着ることを想定した洋服を作るこのようなイベントは良い機会だと思う。将来を考えていくきっかけにしてほしい」とコメントした。

【関連記事】
■目白ファッション&アートカレッジがショー開催 展示販売会も
■深澤直人、佐野研二郎らが多摩美・新学科の予定教員に就任
■多摩美テキスタイルが卒制展 傘から壁面装飾まで

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら