ニュース

ルミネ冬セールは3日スタート 初売り翌日から開催

 ルミネは年始の全館セールを前年より3日早い、1月3日にスタートする。前倒しの大きな理由に、テナント側から強い要望があったという販売員の労働時間と負担の軽減をあげる。販売員不足で十分なシフトを組めないテナントもある中、年末の繁忙期から年始の初売り・セールまでの長期集中的な労働体制が問題とされてきた。年始セールの前倒しにより、2日の初売り後すぐにセールを開始し、集中して商戦に臨む。なお、夏のセールは従来通りの開催を予定している。同社は、「プロパー価格での販売期間が短くなることにより、お客さまの価格に対する不信感が醸成される」などさまざまな問題が起こるとして、2012年から夏と冬のセールの開始時期を後ろ倒しにしていた。

 なお、同じく12年夏から後ろ倒ししている三越伊勢丹は「われわれはスタンスを変えず、例年通りの時期(1月中旬)に実施する予定だ」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら