ファッション

ポーラ・オルビスHDが不動産と美術品を譲渡

 ポーラ・オルビスホールディングスは11月25日開催の取締役会で、賃貸オフィス用ビルとして運営してきたポーラ恵比寿ビル(渋谷区東3-9-19)を95億2000万円で、国内法人1社に譲渡することを決めた。加えて、公益財団法人ポーラ美術振興財団に寄託していた同社所有の絵画などの美術品を77億2700万円で同財団に譲渡すると発表した。譲渡により、同社グループ経営資源の集中を図る。

 固定資産譲渡により2016年12月期において、特別利益およびこれに係る法人税の減少として、総額約96億円を計上する。

 また、連結子会社ジュリーク インターナショナル(以下、ジュリーク社)の持ち株会社である、ポーラ・オルビス・ジュリークホールディングス(本社・豪州ニューサウスウェールズ州)に係る無形固定資産の減損損失約95億円を、16年12月期に計上する。同社は12年にジュリーク社を買収。これまで中国を重点国と位置づけ、百貨店、直営店への出店など、事業拡大に取り組んできたが、化粧品市場の成長鈍化、消費トレンドの変化など、厳しい事業環境下にある。今期から、ビジネスモデルの変革に取り組んでいるものの、計画を下回る状況にある。こうした状況を鑑み、減損損失を計上することにした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら