フォーカス

ロバート秋山扮するヨウコ・フチガミと児島幹規「装苑」編集長がトークショー開催

akiyama_02

 トータル・ファッション・アドバイザーで「ヨウコ フチガミ(YOKO FUCHIGAMI)」デザイナーのヨウコ・フチガミが10月15日、京都でトークショーを開催した。京都市内で開催された京都国際映画祭の期間中に、ヨウコ・フチガミらが出演する「クリエイターズ・ファイル展」が催されたことを記念した特別企画。お笑い芸人のロバート山本博が司会進行を務め、スペシャルゲストとして迎えた児島幹規「装苑」編集長とともにファッションの持論を語り合った。なお、ヨウコ・フチガミはお笑い芸人のロバート秋山竜次が架空の人物になりきる「クリエイターズ・ファイル」企画内の人気キャラクターであり、トークショーの内容はフィクションで実際の人物とは関係ない。

ロバート山本(以下、山本):お二人はもともと知り合いなんですか? 児島さん、よく今回のオファーを受けて下さいましたね(笑)。

児島幹規(以下、児島):断る理由が見つかりませんでした。コレクションをパリで拝見した際にお会いしたいと思っているのですが、いつもヨウコ先生はその時すでにバリに行ってしまっているので。

ヨウコ・フチガミ(以下、ヨウコ):そうね、コジとは中々会えなかったわよね。私、パリ、バリ、パリ、バリと響きで動いているから。先日、渋谷ヒカリエで発表したファッションショーも取り上げてくれて嬉しかったわ。最近気になるデザイナーとか、いる?

児島:「ファセッタズム」の落合(宏理)さんが気になります。今の東京をリアルに切り取って、ストリートカルチャーをモードなファッションで表現されていますね。

ヨウコ:ああ、彼ね。全身タイツをオシャレとして取り入れたコレクションは好きだったわ。彼が「全身タイツは芸人だけのものじゃない」と語っていたのが印象的だった。東京をリアルに見せていらっしゃるわよね。イヤリングとかも、東京らしく雷おこしにしていたわね。

児島:ハンバーガーをモチーフにしたアクセサリーも人気を呼びましたね。ハンバーガーのモチーフは以前、「アンダーカバー」の高橋(盾)さんも使われたりしていました。

ヨウコ:「ナンダカンダ」のタカハシさんね。すごい方ですよね。

児島:あと、ヨウコ先生が「ミキオサカベ」にアドバイスをされたとうかがいました。

ヨウコ:若手の注目株の方よね。アドバイスしたのは「ルールを作らなくていいから、思いついたこと全部やっておしまいなさい」と言ったの。「(作った洋服が)自分のブランドっぽくないと心配するなら、もう一つ別のブランドを作れ」とも。私は今、18のブランドを手掛けています。

児島:先生の「何かに媚びるな」という姿勢にはすごく共感しています。

ヨウコ:裸が一番のオシャレだとは毎回も言っているの。裸に生地を重ねるなんてあざといのよ。お母さんの産道が一番のブティックなんだから。わたしは表参道と呼んでいます。表参道の名前の由来も確か産道からきています。

山本:違います、違いますから!

あなたにオススメ