ファッション

ヒッピーと京都の染工場がタッグ、オーガニックなDIYブランド

 京都の染色工場のカワバタプリントは、岩橋麻男デザインプロデューサーと組み、自宅で簡単に作れる自然染色のプリントTシャツ“ワンカップヒッピープロダクト”を販売する。抜染処理をしたTシャツのボディーと独自開発した染料でワンパッケージになっており、自宅の大きめの鍋で沸かしたお湯を使って、簡単に柄を作ることができる。価格は3000円で、カフェなどでワークショップを通じ、販売する予定。

 ヒッピースタイルの岩橋プロデューサーは子ども服の「ブーフーウー」出身。川端康夫カワバタプリント社長と二人三脚で、数年がかりでライラックなどの天然素材を使った染料を開発した。「天然の原料を誰もが使えるような染料にするのには大きな手間がかかる。誰もが使えるようなパッケージにするために、ひたすら試行錯誤を重ねた」と岩橋プロデューサー。カワバタプリントの川端社長は、「岩橋プロデューサーとは、取引先の『ブーフーウー』時代から尊敬するデザイナーだった。世の中に出すため、苦労はあったが、ようやく形にできて嬉しい」という。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら