ファッション

“ぶっとび系『ゼクシィ』” 創刊イベントにはるな愛やデーブ

リクルートマーケティングパートナーズの結婚情報誌「ゼクシィ」は、新たなムック「ゼクシィ スパーク!(SPARK!)」を発売し、9月29日に東京・青山のラ・コレッツィオーネではるな愛、デーブ・スペクター、五百田達成(いおたたつなり)を招いたトークイベントを行った。「ゼクシィ スパーク!」は“両家対抗野球婚”や“怪しすぎる洞窟挙式”など、常識にとらわれない“ぶっとび系”のユニークな結婚式を提案しており、“結婚式をスパークさせよう!”をテーマに3者それぞれが個性的な結婚式を提案した。

10月で結婚35周年を迎えるデーブ・スペクターが「おすすめの場所は豊洲の地下空間。水もたくさんあるし、小池(百合子・都知事)さんがMCをしてくれるかも」と冗談交じりに話すと、はるな愛は「自分が歌いたいから、紅白結婚式がいい。私の周りのオカマちゃんたちは必ず何か芸をやりたがるので、紅白対抗にすれば盛り上がる」と提案。「年内ならスマップが呼べるかもね」とデーブが続け、会場は笑いに包まれた。

「ゼクシィ スパーク!」は全200ページのムック本で、発行部数は3万部。年1回の発行ペースで、2017年7月に2号目の発売が決定している。今西裕子・編集長は「今、約4割の女性が結婚式に対して『ワクワクしない』と答えています。『ゼクシィ』は結婚したい女性に23年間寄り添ってきたので、進化した結婚式を提案して読者に“スパーク”していただきたいです。私は、結婚式がもつ幸せの力を信じています」と語る一方、「まず何をもって“スパーク”なのかを考えるのに苦労しました。撮影もすべて撮り下ろしで、本当に大変でした」と振り返った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら