ニュース

“かき氷の女王”とベイクルーズがコラボ 4日間限定のかき氷屋台がオープン

 ベイクルーズは7月、"かき氷の女王"として知られる原田麻子のかき氷ブランド「氷舎ママトコ」とコラボしたかき氷屋台を4日間限定でオープンする。開催店舗は、7月16〜17日が吉祥寺の「etc.ジャーナルスタンダード」、30〜31日が表参道の「フランツ&エヴァンス ロンドン」。原田が今回のために開発した、各ショップをイメージしたかき氷を提供する。

 16〜17日に提供するのは、「酒粕とクリームラッシー with 2色ぶどうの軽いマリネ」「白桃ほうじ茶と黒糖梅」「マンゴー&パッションフルーツソース ふるふる杏仁豆腐」(各850円)。「ジャーナルスタンダード ファニチャー」オリジナルのスープボウルをセットにしたかき氷も2500円で用意する。30〜31日には、「シトラスとメレンゲのタルト風」「ブラックスパイスチャイとミントクリーム」(各950円)の2フレーバーをそろえる。

 「氷舎ママトコ」は、年間約1800杯のかき氷を食べ歩く原田が立ち上げたかき氷ブランド。これまでに、旬のフルーツや世界中の食材を使った100種類以上のシロップを開発している。

井本温子