ファッション

話題沸騰中の「IKEA 立川」がオープン 3000人が行列、先頭には5万円の商品券をプレゼント

 イケア・ジャパンは、都内初のイケアストア「IKEA 立川」を410日にグランドオープンした。ファミリー層を中心に、3000人の行列がオープン前からできた。先頭は、「前日9日の正午頃から並んでいた」と話す埼玉県・所沢市在住のファミリー。この家族はイケアから「The first customer」と評され、5万円分のギフトカードがサプライズプレゼントされた。

 その他、和太鼓演奏のパフォーマンスや、ピーター・リスト=イケア・ジャパン代表取締役社長、清水庄平・立川市長、ラーシュ・ヴァリエ=スウェーデン大使の挨拶や植樹祭を行なった。

 カウントダウンの合図と共にグランドオープンすると、スタッフがエントランス前で来場者を拍手で出迎えた。このあと、121518時からはスウェーデンの民族楽器のニッケルハルパを使った生演奏の他、いたる所で突如現れるパフォーマーによるパントマイムなどのイベントが予定されている。

【関連記事】
IKEA 立川」が多摩モノレールをジャック 車内を大胆にデコレーション
都内初の「IKEA 立川」が先行公開 世界初の試みも

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら