ファッション

辺見えみりがコンセプターを務める「プラージュ」が代官山にオープン

 ベイクルーズは3月8日、辺見えみりをコンセプターに迎えた新セレクトショップ「Plage(プラージュ)」を代官山(東京都渋谷区代官山町20-17 代官山Aビル 1F)にオープンする。「モダンなパリに住みながら、生まれ育ったLAの高い空と青い海を想う29歳の女性」をショップコンセプトに、長く愛用できるベーシックなものを取り揃え、ライフスタイルの変化とともに成長していくブランドを目指す。

 白とネイビーを基調にシャビー感のあるアンティーク家具などでまとめた店内は、ショップコンセプトにもなっている女性の家をイメージ。アパレルを扱うリビングと、雑貨や食器を扱うキッチンの2つのエリアを展開する。

 取り扱いブランドは「スティーブン アラン」「ロザンナ」「カレントエリオット」「セルジオ・ロッシ」「J&M デヴィッドソン」「チャン ルー」など、パリやNY、LAなどで買い付けた約60ブランド。また、辺見が監修したオリジナルアイテムも販売する。オリジナル商品は、 チェックシャツ(1万3650円)、デニム(1万5750円)、ニット(1万4700円)など手の届きやすい価格で提案。さらに「アヤメ」「ミシェル ヴィヴィアン」の別注アイテムや、ヴィンテージブランケットを使った「ハンドライト」とのコラボレーションアイテムも取り扱う。

 また、同日、ゾゾタウンとスタイルクルーズに公式オンラインショップもオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら