ファッション

ブルース・ジェンナーが名前を変更、ケイトリン・ジェンナー誕生!

 ケンドルとカイリー・ジェンナー姉妹の父として知られ、オリンピック陸上金メダリストでもあるブルース・ジェンナーが名前をケイトリン・ジェンナーに変え、米「ヴァニティ・フェア」7月号の表紙を飾る。ジェンナーは3度目の結婚となるクリス・ジェンナーと前夫ロバート・カーダシアンとの4人の連れ子(キム、コートニー、クロエ、ロブ)と、クリスとの間にもうけた2人の実子(カイリー、ケンドル)からなる大家族にフォーカスしたリアリティ番組「キーピング・アップ・ウィズ・ザ・カーダシアンズ」がアメリカで人気を集めている。

 7月号のカバーはアニー・リーボヴィッツが撮り、「ケイトリンと呼んで」という文字が大きく書かれている。コンデナストがSNS上で公開して一気に話題になり、多くの有名人が続けてSNSに応援メッセージを投稿した。義理の娘のキム・カーダシアンは「美しいわ。自分らしく、誇りを持って!」とツイートし、ザック・ポーゼンも彼のドレスを着た彼女の写真を投稿し、「自分らしくいて、あなたは美しい」とコメントした。また、彼女は公式ツイッターも作り、4時間で100万以上のフォロワーを獲得してツイッターの新記録を達成した。「ヴァニティ・フェア」が同カバーのビデオをインスタグラムに投稿し、その日のうちに4万以上の「いいね!」を獲得し、フェイスブックやスナップチャットなど、ほかのSNSでも爆発的に拡散した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら