ファッション

シャラポワ、薬物違反で「ナイキ」「タグ・ホイヤー」「ポルシェ」が続々と契約を見直し

 世界を代表するテニスプレイヤーのマリア・シャラポワ(Maria Sharapova)は、1月の全豪オープン直後に行われたドーピング検査で陽性反応が出たことを3月8日、会見で明らかにした。対象の薬物は1月1日から国際テニス連盟(ITF)の禁止薬物リストに加わったメルドニウムだ。彼女は過去10年間、医師の処方の下メルドニウムを摂取していたという。

 会見後、「ナイキ(NIKE)」は彼女とのスポンサー契約をしばらく中断すると発表した。「われわれはシャラポワについてのニュースを受けて大変悲しく思い、驚いている。捜査が行われている間は彼女との関係を中断する」と同ブランドはコメントした。「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」のスポークスマンは「シャラポワはわれわれと2015年12月31日まで契約しており、延長する話もあったが、一切の交渉を止める」と語った。「ポルシェ(PORSCHE)」のスポークスマンは「詳細が発表され、状況を分析できるまでは計画していた取り組みを見合わせる」とコメント。また、1月末にシャラポワをブランドアンバサダーとして起用したプライベートジェットの会社、ネットジェッツ(NETJETS)はまだ決断していないという。

 多くの広告モデルを務めるシャラポワの昨年のコマーシャル契約額は約2900万ドル(約32億7700万円)にのぼったと見られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら