ファッション

瀬戸あゆみの「エイミー・インザ・バッティーガール」初の秋冬は70〜80年代のUKパンク

 アソビシステムの第一弾ファッションブランドとして、今年春にスタートした青文字系雑誌モデル、瀬戸あゆみによる「エイミー・インザ・バッティーガール(AYMMY IN THE BATTY GIRLS)」が、初めての秋冬展示会を行なった。2014-15年秋冬のテーマは、1970〜80年代のUKパンクシーンに着想した「ミッドナイト・ルード・パーティ」。ブランドのアイコンガールである、高校生のエイミーが好きな音楽の要素を落とし込んだ。商品は、ポップでキッチュなモチーフを使ったスウェットプルオーバーやボーイッシュなフットボールTシャツ、ハート型のポケットをつけたレザーのジャンパースカートなどが揃う。アウターは、ナイロンのコーチジャケットやチェック柄のロングガウン、キルティングを内側に配したスタジャン、リバーシブルのブルゾンなど、トレンドのチェック柄やシーズンカラーの淡いサックスブルーやピンクをポイントに差す。また、シーズンモチーフのネオンサインを散りばめた柄は、ジャケットやスカート、トートバッグ、バックパックなどに配した。

 デザイナーの瀬戸は、「今シーズンは私の好きな70〜80年代のUKパンクをテーマにした。当時の洋書を見ながら、ミュージックシーンで着られていた服を見て、高校生のエイミーが好むストリートウエアに落とし込んだ。今日着ているワンピースは、トレンドのチェック柄を全面に使い、黒いべロアのトリミングをポイントにした。柄がお揃いのベレー帽と合わせて着るのがおススメ」と話す。エイミーは17歳。放課後は、ダイナー(カジュアルレストラン)でアルバイトしながら、スケボーやバンド活動を楽しむ女の子だ。好きなミュージシャンは、ラモーンズやダムド、ザ・クラッシュ、セックス・ピストルズなど。遊びや好みの音楽は、兄からの影響が大きいという。

 「エイミー・インザ・バッティーガール」は、自社のウェブサイトと「ゾゾタウン」のECのみで販売中。秋は、ポップアップストア出店を視野に入れている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら