ファッション

「マウジー」国内最大級店舗が原宿に 4カ国語のショップカードでおもてなし

 東急プラザ表参道原宿にあるバロックジャパンリミテッドの複合ショップ、ザ・シェルター トーキョー(THE SHEL'TTER TOKYO)2階が、「マウジー(MOUSSY)」のグローバル旗艦店と位置付ける国内最大級のショップになる。店舗面積は324平方メートル。同階では昨秋から、「マウジー」の期間限定店舗を開いていたが、内装を変え、品ぞろえを充実させる。オープン日は1月30日。

 商品は、ブランドの主力商品であるデニムを国内最大規模で取りそろえ、シルエットや加工、縫製、素材にこだわった国産デニムパンツや、昨年発売した人気のメンズデニムなどを並べる。さらに、オリジナルデニムが作れるカスタムサービスや、専門知識を熟知したデニムコンシェルジュを常設させる。オープンを記念し、ボックス付きのロゴTシャツ(3580円)やマグカップ(980円)、レターセット(1980円)などの店舗限定商品も発売予定だ。設定金額以上の購入者には、鉛筆やロゴトート、メモパッド、ヘアアイロンなどのノベルティーがつく(数量限定)。

 ブランド設立16年になる「マウジー」は1月現在で、国内41店舗、中国70店舗、香港3店舗を構える。ザ・シェルター トーキョー店では、インバウンドやアジアを中心とした海外での売り上げや認知の拡大に向け、英語とフランス語、中国語、ポルトガル語の4カ国語に対応したショップカードを配布する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら