ファッション

2015年度「アンダム」のファイナリストに「アンリアレイジ」や「ウミット ベナン」など

 「アンダム・ファッション・アワード」の2015年度のファイナリストが発表された。選出されたのは、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「ウミット ベナン(UMIT BENAN)」「ヴェトモン(VETEMENTS)」「ピガール」「パラス パリ」の5ブランド。7月3日に発表されるグランプリは、25万ユーロ(約3400万円)の賞金を得る他、ブルーノ・パブロフスキー=シャネル・グローバル・ファッション・プレジデントによる1年間の指導を受けることができる。また、ECサイト「ザ・コーナー・ドットコム」とのコラボレーションも予定する。

 また、ファースト・コレクション・プライズのファイナリストには、「エティエンヌ ドゥロー」「ゴシェール」「ジュール/ネ」「リア ペッカー」の4ブランドがノミネート。受賞者は、9万ユーロ(約1224万円)の賞金に加え、ショールームのトゥモローによる指導を受け、パリのギャラリー・ラファイエットで2シーズンにわたりコレクションを販売する機会を得る。

 さらに、今回から新たに設けられたファッション・アクセサリー・プライズのファイナリストには、「シャルロット シュネ」「ユーゴ マーサ」「アンリーズ ミシェルソン」の3ブランドが選ばれた。受賞者には3万ユーロ(約408万円)の賞金が与えられる。

【関連記事
2014年度「アンダム」のファイナリスト発表 ファウスト・プリージやイーキン・インなどが選出

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら