ファッション

ネクタイ技術でシルク100%のふわふわストール、桐生のテキスタイルメーカーが開発

 群馬県桐生市のテキスタイルメーカー、アルファテックスは2016年秋冬物から、シルク100%のストールをアパレル向けに販売する。絹紡糸を使い、起毛をかけたストールはカシミヤのような上品な風合いと柔らかさがある。同社はもともとネクタイ用のテキスタイルメーカーで、ネクタイ向けに培ってきたノウハウを生かしている。東京・青山の「テピア」で開催中の、桐生のテキスタイルメーカーの展示会「桐生テキスタイルプロモーションショー」で発表した。

 ネクタイ用のテキスタイルは幅50cmしか使用しないものの、同社は通常の150cm幅のジャカード織機を改造し、3本分のネクタイを一度に織り挙げる技術を持っていた。井上太一・部長代理は、「機械をさらに改良し、テキスタイルの端もほどけない処理を施す技術も開発した。50cm幅のストールであれば、ネクタイと同様に3本分を一度に織り上げられ、そのままストール製品にできるため、価格も抑えられる。まるでカシミヤと同等、それ以上に起毛するために、日本でも1社しかない工場と二人三脚で完成させた」という。ネクタイ用のジャカード織機を使うため、取引先の要望に応じて多彩な柄を作ることも可能だという。展示会は明日10日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら