ファッション

青山商事がバルスの「WTW」を買収 雑貨・インテリア事業に参入

 青山商事は1日、バルスの雑貨・インテリア事業「WTW(ダブルティー)」を買収したと発表した。「WTW」は「フランフラン」で知られるバルスが2011年2月に立ち上げた業態で、サーフライフスタイルをテーマにした雑貨・インテリアの店舗を東京・青山や二子玉川など5カ所で運営している。バルスは同事業の継承を目的とした株式会社WTWを2月1日付で設立。青山商事はWTWの全株式を取得する。

 青山商事は屋台骨であるスーツ事業が長期的に縮小基調にあるため、新規事業の開発やM&Aを積極的に進めている。日鉄住金物産との合弁会社で拡大戦略をとる「アメリカンイーグル」、昨年12月に買収した靴修理店「ミスターミニット」に続き、今回、雑貨・インテリアにも本格参入する。同社が全国に張り巡らす店舗開発のネットワークを活用し、多店舗化を図る。

 一方のバルスは、年内で「バルストウキョウ」「アジト」「ジェイピリオド」の3業態を終了することを先月発表していた。経営資源を主力の「フランフラン」に集中させる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら