ニュース

トッズグループが「ロジェ ヴィヴィエ」を一元化

 トッズ(TOD'S)グループが「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」の商標を4億1500万円ユーロ(約539億5000万円)で取得した。「ロジェ ヴィヴィエ」の商標は、トッズグループの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるディエゴ・デッラ・ヴァッレ一族によるコンサル会社が保有しており、これまでトッズグループは、ライセンス契約を結び、商品を企画、生産、販売していた。2016年1月以降、トッズグループは「ロジェ ヴィヴィエ」に関するロイヤリティを支払わなくて済むようになる。

 これに伴いグループは、パリのサントノーレ通りの旗艦店を運営している会社ロジェ ヴィヴィエ パリスSASも2000万ユーロ(約26億円)で傘下に収めることになるようだ。

 14年の「ロジェ ヴィヴィエ」の売り上げは、1億2700万ユーロ(約165億1000万円)。同ブランドの15年度最初の9カ月の売り上げは、前年同期比120.1%の1億1210万ユーロ(約145億7300万円)でグループ全体の14.2パーセントを占めた。EBITDA(金利、税金および減償却前利益)は、7?8%のロイヤリティーを差し引いてもトッズグループの平均よりも高く、11?14年で1.5倍の規模となった。