ファッション

【インタビュー後編】クール・ジャパンファンド600億円の使い道を太田社長に直撃!

 クール・ジャパンファンドに出資しているファッション関連企業は三越伊勢丹ホールディングス、高島屋、エイチツー・オー リテイリングの3社がそれぞれ5億円ずつ。松屋の常務執行役員から同ファンドに転じた太田伸之・社長は、「もちろん今後はアパレルメーカーからの出資も増やす。現在でも数社と話が進んでいる。意外だったのは、クール・ジャパンというとアニメやゲーム、マルキューやアキバ系ファッションのことだと勘違いしている人が思った以上に多かったこと。オシャレでリーズナブルな文房具や食器、ストリートファッションだってクール・ジャパンだというと、関心を持つ企業も多い。"地方発世界に"っていうプラットフォームにしたいし、ビッグネームじゃなくても例えばラーメンみたいなB級グルメだって大きなマーケットがあると思う」という。

 今後有力だと思うファッションについては「僕が注目しているのは、きちんと日本のクラフツマンシップを吸い上げて作っているようなブランド。開所式でショーを行なった『ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)』や、裏原宿系のカジュアルなブランドも面白い。そういったブランドを、どの層に、どう見せていくかを考えたい。面白くて革新的なプロジェクトを生み出すために、プロダクトデザイナーや広告、デジタル系などさまざまな分野のトップクリエーターで構成する"アドバイザリーボード"も作る予定」

【インタビュー前編】クール・ジャパンファンド600億円の使い道を太田社長に直撃!

【関連記事】
■"地方発世界へ"、総額約600億円の官民ファンドクール・ジャパンファンドが活動開始!
■三越伊勢丹がNYコレ期間中にポップアップストア、クール・ジャパン戦略推進事業で

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら