ビューティ

RIKACO主催の総合展示会「ラブ ギブス ラブ ギャザリング」今年も開催 セルフラブとボーダレスなアプローチがテーマ

モデルでライフスタイルアドバイザーのRIKACOが代表を務めるラブ.ギブス.ラブは7月19〜20日、セルフラブがテーマの総合展示会「ラブ ギブス ラブ ギャザリング vol.2」をワールド北青山ビルで行う。入場料は無料で、事前予約制。

2回目の開催となる今回は、セルフラブを軸に、マインドやジェンダー、ビューティー、セクシュアリティなどにおいてボーダーレスなアプローチをテーマに掲げる。スキンケア、ボディーケア、シェアコスメ、インナービューティ、フェムケア、フード、ライフスタイル、ドック・キャットアイテムの展示販売会に加え、トークイベントやフェムケアアイテムなどの体験コーナーを用意。2階のスペースでは犬の譲渡会を実施する。

主催のRIKACOは、「地球に優しい暮らしをなるべく心がけ、それを自分なりに周囲に伝えていきたいと考えている。私たちが今出来ることは、未来の子供たちに何を残せるか? それは、幸せな時間や物、価値観だと思う。もちろん、地球を少しでも守りたいと思っている。 賛同する皆さんと共に素晴らしい愛あるイベントを実現したいと心から願っている」とコメントを寄せた。

■ラブ ギブス ラブ ギャザリング vol.2
日程:7月19〜20日
時間:7月19日 15:00〜20:00/7月20日 10:00〜18:00
場所:ワールド北青山ビル1階
住所:東京都港区北青山3-5-10
入場料:無料(※事前予約制)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。