ビューティ

糖尿病治療の減量薬“オゼンピック”が米国で社会現象に 代替品の減量サプリ急増

糖尿病の治療薬で減量にも効果があるとされる医薬品の注射薬オゼンピック(OZEMPIC)が米国で社会現象となっている。しかしオゼンピックは月額約1200ドル(約18万6000円)と高価なことに加え、注射での投与が毎週必要。また吐き気や下痢、嘔吐などの副作用も懸念される。そこで多くのサプリメントブランドが、肥満治療薬の代替品としてのサプリメントを続々と発売している。

米小売チェーン、ザ・ビタミン・ショップ(THE VITAMIN SHOPPE)のムリエル・ゴンザレス(Muriel Gonzalez)社長は、「オゼンピックは今、世界で最大のトレンドだ。ヘルスケアにおけるトレンドではない。オゼンピックそのものが巨大なトレンドになっている」と強調する。米人気司会者のオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)がオゼンピックを使用しながら大幅な減量に成功したことが話題となり、昨年末ごろから急速に普及した。

「天然のオゼンピック」
ベルベリンが代替品として注目

しかし上述の通り、オゼンピックの投与は金銭的な負担が大きく、副作用の懸念もある。そこで代替品として注目されるのが、「天然のオゼンピック」と称される植物性化合物のベルベリンだ。ベルベリンは、代謝促進や血糖値の調節に寄与する可能性があるとされ、70以上もの臨床研究で有用性が示唆されている。管理栄養士で健康コンテンツクリエイターのラナ・ミュールスタイン(Ilana Muhlstein)によれば、「ベルベリンは、腸内の炭水化物の分解を遅らせることで血糖値をコントロールする。糖尿病治療薬と同様に、血糖値とヘモグロビンA1Cを低下させる機能もある」といい、ウェルネス調査会社のスピンズ(SPINS)の調査では、直近52週間のベルベリン関連の売上高は1070万ドル(約16億5850万円)に達した。サプリメントブランド「ハム ニュートリション(HUM NUTRITION)」が昨年10月に発売した“ベスト オブ ベルベリン”(35ドル、約5425円)がベストセラーとなったことについて、ウォルター・ファウルストロー(Walter Faulstroh)=共同創設者兼最高経営責任者(CEO)は、「SNS上で(ベルベリンの)トレンドが高まっているのを見て、すぐに製品化すべきだと思った。アーユルヴェーダでも糖尿病治療にベルベリンが使用されていることも理由の一つだ。このトレンドは今後数年間でさらに大きくなるだろう」と予測する。

代替品のサプリは最低限の減量や
断薬を目指す人へリーチ

コートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)が手掛けるサプリメントブランド「レム(LEMME)」のパートナーであるサイモン・ハック(Simon Huck)氏は、「われわれには、自然な方法での体重管理や砂糖・炭水化物の過剰摂取に対する解決策を求めている多くの顧客がいる」と話し、専門家らも、人々が新たな減量ソリューションを求めていると述べる。大手コンサルティング会社マッキンゼー(MCKINSEY)の調査では、回答者の60%が「積極的に減量に努めている」と答えていることが明らかになった。同社のアンナ・ピオーネ(Anna Pione)=アナリストは、「肥満治療薬とサプリメントは、(インスリン分泌を促進するホルモンの)GLP-1が登場する2~3年前まではかなり停滞していたカテゴリーだったが、潜在的には大きなニーズがあった」と分析した上で、「新世代のサプリメントは医薬品の有効性とは比較にならないが、最低限の減量を目指す人、臨床的なダイエット法を試すことに躊躇している人、断薬を目指す人など特定の人にリーチできる商材となるだろう」と期待する。

一方、バイオテクノロジー企業のペンデュラム(PENDULUM)社は、10年間の研究の末に開発した“GLP-1プロバイオティクス”(95ドル、約1万4725円)を打ち出すことで他社とは異なるアプローチを図る。空腹感を抑えるGLP-1を自然に増加させる細菌株を使用しており、同社のコリーン・カットクリフ(Colleen Cutcliffe)=共同創設者兼CEOによれば、「服用するとほぼ即座に食欲への影響が出る。プロバイオティクスが長期持続性菌株の定着を促進するため、長期的に食欲が軽減される」という。

今後5年間で指数関数的に成長
サプリメントに商機あり

サプリメントは、減量効果に加えて断薬を目指す人にとっても重要なツールになるだろうか?「治療後の処方薬の代替品を模索している消費者は多く、サプリメントが続々登場している」と語るのは、「ハム ニュートリション」のファウルストロー共同創設者兼CEO。投資会社モルガン・スタンレー(MORGAN STANLEY)は2035年までに2400万人の米国人がGLP-1を使用すると推定しており、ザ・ビタミン・ショップのゴンザレス社長は「補完的なアプローチで問題に対処していくことには大きなチャンスがある」と話す。「サプリメントを使用することで、筋肉量の減少など肥満治療薬が引き起こす副作用も防ぐことが期待できる。GLP-1が今後5年間で指数関数的に成長し続けるという予測を見ると、各社はこのニーズに適応するようさらに注力していくだろう」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。