ファッション

【一粒万倍日】「ロエベ」のキャンペーンに深津絵里 日本限定カラーの新作ウオレットが登場

ロエベ(LOEWE)」は、深津絵里を起用した、一粒万倍日に向けた2024年春夏ウオレットのキャンペーン映像を公開した。同作は「天道虫/THE LADYBUG」と題したもので、監督は八代利季が務めた。古典西部劇の決闘シーンをイメージしており、深津は2024年春夏ウィメンズコレクションに身を包んでいる。

作中には、3つ折りのウオレット“ぺブル バーティカル ウォレット スモール(シャイニーナパカーフ)”(10万2300円)が映り込む。カラーは今回、日本限定の新色3色、ピンクブロッサムとグリーンリーフ、オークが登場する。どれも、スペイン・マドリードのアトリエで職人の手仕事によって最高品質のレザーで作り、球体のペブルを飾っている。

深津絵里は、1988年デビュー。俳優として多くの映画やドラマ、舞台に出演し、2010年に映画「悪人」で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞と第34回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

八代利季は東京生まれの映画監督、作家、写真家。アメリカのマサチューセッツ州で育ち、2022年の短編映画「トウキョウ アニマルズ」がユタ州で行われたスラムダンス映画祭2024に出品した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。