ファッション

【2023年ハロウィン】「ピエール・エルメ・パリ」はARで精霊たちと過ごす1日に

「ピエールエルメ」は、拡張現実(AR)の冒険ゲーム「ウラマド(URAMADO)」とコラボレーションしたハロウィンコレクション“ディアボリックマン デリシュー”を発売した。マカロンの詰め合わせやサブレ、チョコレートなどをラインアップ。価格は1512〜4374円(※編集部調べ、以下同)だ。

“マカロン 6個詰め合わせ”(3186円)は、カボチャや人気のピスタチオ風味など6種の詰め合わせ。“マカロン 10個詰め合わせ”(4374円)は、マロンやマンダリン、人気の“ショコラ アメール“など7種を詰め合わせた。焼き菓子の“ガレット ナンテーズ オ ショコラ オ レ”(1782円)は、ほんのり香るココナッツをまろやかなミルクチョコレートでコーティングしており、ラム酒の風味が特徴。“トリュフ アソリュティマン”(2700円)は、柔和なカラメルの“アンフィニマン カラメル”とヘーゼルナッツで引き立てたプラリネの“アンフィニマン プラリネ ノワゼット”の2種を用意した。小さなチョコレート“プレジール ディアボリックマン デリシュー”(1512円)は、“プラリネ レ”、“プラリネ ノワール”を詰め合わせた。

やみつきになる悪魔的な美味しさを意味する“ディアボリックマン デリシュー”コレクションは、自然の精霊たちが箱に描かれている。アプリ「車窓 タヌキ」をダウンロードすると、精霊たちと対話ができる。

「ウラマド」はパリを拠点とするデザイナー、ジュリー・ステファン・チェン(Julie Stephen Chheng)が手掛けた拡張現実(AR)の冒険ゲーム。“タヌキ”と呼ばれる自然の精霊たちが創り出す世界だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。