ファッション

「ディースクエアード」2015-16年秋冬メンズ 20周年だから、好きなモノ全部集めちゃいましたコレクション

 ミラノメンズが本格スタートする前日の夜10時前、20周年を迎えた「ディースクエアード」の2015-16年秋冬コレクションが発表された。

 会場に入ると、目の前には巨大なスクリーン。そこにはメンズとウィメンズ、過去数シーズンのショーの様子やバックステージ、アトリエでの準備風景などが繰り返し投影された。

 この映像通り、コレクションは過去20年、特にディーンとダン・ケイティン兄弟が大好きなスタイルを「過剰」をキーワードに2015年に甦らせたスタイルだ。2人の好きなスタイルとは、アウトドア、ウエスタン、ロック、そしてデニムだ。たとえばファーをたっぷりあしらった、今シーズンのトレンドど真ん中アイテム“極地探検家コート(北極や南極に向かう探検家が愛用しそうな、防寒性バツグンのダウンやファーのコート)”は、あり得ないくらいたっぷりのファーをライナーに贅沢に敷き詰めることで、モデルの倍はありそうな超巨大フォルムに。ブルゾンにも中綿をパンパンにつめ、特に背面のボリュームは極端なほどに大きい。チェルシーブーツに合わせたデニムは、ウエスタンをイメージしたのだろう。ひざ下には、まるで砂をかぶせたかのような土色のペイントを「過剰」にのせた。カウボーイジャケットは、フリンジが極端に長く、本数も多め。フリンジは、スタッズを打ち込みまくったレザーのボディバッグにも「過剰」なくらいプラスした。

 フィナーレには、スペシャルゲストとしてメアリー・J.ブライジが登場。「Follow Me」を歌い、ランウエイショーはそのまま、アニバーサリーパーティへと突入した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら