ビューティ

ヘアカラー部門は今回も激戦、「イノアカラー」が初の3連覇! 「WWDBEAUTY 2023 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

「WWDBEAUTY」2023年・ヘアサロン版ベストコスメ・ヘアカラー部門

年1回の恒例企画、「WWDBEAUTY 2023 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全13部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師155人に、各カテゴリーで「2022年下半期~23年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

ヘアカラー部門は史上初めて、2位と3位にそれぞれ2アイテムが同率でランクインするという、稀に見る激戦区となった。その中でも「イノア(INOA)」が頭1つ抜け出し、同部門としては史上初の3連覇を達成した。ここ数年で特に、高機能ヘアカラー剤は「いかにプラス料金で提案できるか」が注目されるようになったが、同カラー剤の「艶感が出る」「ニオイや刺激が少ない」といった分かりやすい特徴が、プラス料金での提案を後押ししているようだ。2位には入賞常連の「イルミナカラー(ILLUMINA COLOR)」と、「オルディーブ アディクシー(ORDEVE ADDICTHY)」が同率でランクイン。「イルミナカラー」は今春に発売したベージュ系の新色3シェードが好調で、前回の3位からランクアップした。3位には「アルティスト(ULTIST)」と、彩度の高いカラーをそろえる「エノグ(ENOG)」が同率で入賞した。

なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を13部門に分類し、50軒の美容師155人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

ヘアカラー部門

1位
“イノアカラー”

「イノア」

「WWDBEAUTY」2023年・ヘアサロン版ベストコスメ・イノアカラー・イノア

オイルを主役とした新しい染毛システムを採用。オイル・デリバリー・システムによって薬剤の浸透が効率化し、ダメージの軽減につながっている。アンモニア無配合で刺激臭を軽減した。アンケートの回答には、「艶感が出るので、一度使うと他のカラー剤を提案しにくくなる」「お客さまから『カラーリングした日の夜も、枕にカラー剤のニオイがつかないので驚いた』などと言われる」といった声があった。

2位
“イルミナカラー”

「イルミナカラー」

「WWDBEAUTY」2023年・ヘアサロン版ベストコスメ・イルミナカラー

“高機能カラーブーム”のきっかけを作ったパイオニア。抜きん出た透明感で外国人風カラーのトレンドを作り、誕生から8年が経つ現在でも一般ユーザーからの認知度は非常に高い。前回の3位から2位にランクアップ。アンケートの回答には、「同じベージュ系でも、剤の使い分けでさまざまなニュアンスが出せる」といった声があった。

2位
“オルディーブ アディクシー”

「オルディーブ」

「WWDBEAUTY」2023年・ヘアサロン版ベストコスメ・オルディーブ アディクシー・オルディーブ

日本人の髪特有の赤みを消すことで、彩度の高い外国人風のカラーをより美しく仕上げる。上質かつ繊細な質感表現もかなえる。アンケートの回答には、「中明度の透明感が抜群。赤みをきれいに消せるので使いやすい」といった声があった。

3位
“アルティスト”

「アルティスト」

「WWDBEAUTY」2023年・ヘアサロン版ベストコスメ・アルティスト

資生堂プロフェッショナルのヘアカラーシリーズ“プリミエンス”から登場したブランド。独自のテクノロジーを搭載し、ヘアカラーとケア効果を両立。髪をダメージから守り、美しい髪色を何度でも楽しむための基盤を整えることで、艶やかな発色を持続させる。アンケートの回答には、「とにかく“カカオブラウン”の色みが好き。ここ最近、お客さまからもずっと一番人気」といった声があった。

3位
“エノグ”

「エノグ」

「WWDBEAUTY」2023年・ヘアサロン版ベストコスメ・エノグ

ミルボンから昨年6月に登場したヘアカラーブランド。複数の色を組み合わせることを前提にした色設計で、美容師は自由に発想し、提案することができる。基軸色をそろえるスタンダードライン、彩度調節にぴったりのテクスチャーパレットライン、白髪に対応するグレイブースター、ブリーチに対応し彩度を楽しむプレイライン、ビビッドからニュアンスカラーまでそろう塩基性ラインホリッカーラインで構成。アンケートの回答には、「組み合わせても濁りにくい染料設計で、『エノグ』にしか出せない彩度に仕上がる」といった声があった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。