ビューティ

5月のヒットランキング「美白美容液」TOP5 阪急うめだ本店編

各社が研究を重ね、最新テクノロジーを駆使した美白美容液が続々と登場している。「WWDJAPAN 2023上半期ベストコスメ」の美容液カテゴリーでも、美白美容液が多数ランクインしていた。今回は阪急うめだ本店に、2023年5月に売れた美白美容液トップ5を聞いた。(集計期間:5月1~31日)

【阪急うめだ本店「美白美容液」売り上げTOP5】

1位「キールズ」“DS クリアリーブライト エッセンス”【医薬部外品】(30mL、8910円 50mL、1万2320円 100mL、2万1780円)
2位「ポーラ」“ホワイトショット SXS N”【医薬部外品】(20g、1万3200円)
3位「SK-Ⅱ」“ジェノプティクス ウルトオーラ エッセンス”【医薬部外品】(30mL、2万1450円 50mL、3万1350円 75mL、4万2900円)
4位「アルビオン」“フラルネ ブライトチューナー HK”【医薬部外品】(40mL、5500円)
5位「ランコム」“クラリフィック ブライトニング セラム”【医薬部外品】(30mL、1万6500円 50mL、2万3100円)

阪急うめだ本店の化粧品売り場の5月「美白美容液」の売上高は、前年同月比約40%増だった。大隅かおり阪急うめだ本店 ビューティー営業統括部 化粧品商品部 バイヤー「外出機会の増加や5月初旬から気温が高く推移し、UVケアとともに好調だった。明るさケアとともに、肌トーンを均一に整えるタイプが人気を獲得した」とコメント。

1位を獲得した「キールズ(KIEHL'S SINCE 1851)」は、「『透明美白美容液』の愛称を持つ美容液。光を均一に反射し、自然なハイライトが肌の内側から発光しているような肌を叶える。オールシーズン使えるテクスチャーで、保湿と美白の両方のケアができると好評だ」。

2位の「ポーラ(POLA)」は、同社のオリジナル複合美容成分ルシノールEXを配合したクリーム状の美容液。「こっくりとしたテクスチャーで、気になる部分にしっかり密着する使用感も好評だ」。3位「SK-Ⅱ」は、メラニンの蓄積による隠れジミや、メラニン色素による暗さなど、さまざまな肌曇りに着目して開発。「シミ、くすみをケアし、ブライトニング効果のある医薬部外品の美白美容液。ブランド独自の美容成分で、輝きがあふれ出すオーラ肌を目指せる」。

4位は、肌を「やるき肌」「はかなげ肌」「気まま肌」の3タイプに分け、それぞれに合ったケアを提案する“フラルネ ブライトチューナー HK”がランクイン。ブライトライン共通成分として藍エキスを配合している。「3つの肌性格から選べる点が人気。美白有効成分としてトラネキサム酸を配合し、肌荒れを防ぎながらすこやかで明るい肌へと導く」。5位は、人気の施術ウォーターピーリングに着想を得て誕生した「ランコム(LANCOM)」の美白美容液。「シミ・そばかすを防ぐなど、6つの承認効能を持つのが特長だ。明るさのケアを叶えるだけでなく、均一な肌トーン、潤い、艶を兼ね備えた肌に近づけてくれる」。

―――大隅バイヤーがおすすめする「美白美容液」は?

大隅かおり阪急うめだ本店 ビューティー営業統括部 化粧品商品部 バイヤー(以下、大隅):「クレ・ド・ポーボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」の“セラムコンサントレエクレルシサンn”【医薬部外品】(40mL、1万7600円 レフィル40mL、1万6500円)。肌環境を健やかに保つ常在菌を鍵とする研究から生まれ、シミ・そばかすを予防する「点」へのアプローチと、乾燥によるくすみ印象にうるおいを与える「面」へのアプローチを叶える。優美な香りで、しっかりうるおうのにべたつかない絶妙なテクスチャーでおすすめだ。

―――「美白美容液」以外で好調なカテゴリーは?

大隅:外出機会や、集う機会の増加に加え、マスクを外す場面が増えたことにより、リップをはじめとしたメイクアップアイテムとベースメイクが好調だ。中でも注目は、6月21日に先行販売した「スナイデル ビューティ(SNIDEL BEAUTY)」の“スキン グロウ ブラッシュ”。肌にしっとりと心地よくなじみ、自然な血色で肌の一部のように発色するパウダーチークで全色欲しくなる絶妙なカラー展開となっている。同日先行販売した「ジバンシイ(GIVENCHY)」“フォール コレクション 2023”は、パッケージもライラックカラーの限定仕様で、いち早くメイクで秋を取り入れられる。

また、6月21〜26日の6日間、阪急うめだ本店9階祝祭広場で、関西初となる「Biople FES in OSAKA」を開催している。オーガニックライフの魅力やセルフケアの楽しさをシェアするため、体験イベントや物販ブースを設ける。1万5116円相当のアイテムが詰まった“阪急うめだ本店 Biople FESラッキーバッグ”(7700円)も販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。