ファッション

「ラベンハム」が16通りの着こなしができるジレ 現代美術家ライアン・ガンダーとのコラボ

 「ラベンハム(LAVENHAM)」は、イングランド東部のサフォークを拠点に活動する現代美術家、ライアン・ガンダー(Ryan Gander)とのコラボレーションアイテムを公式ウェブストアと横浜店、グランフロント大阪店で3月18日に発売する。価格は税込6万6000円。

 コラボレーションでは、16通りの着こなしができるモジュール式のジレ“シングス ジャスト ハプン トゥー ミー(Things just happen to me)”を製作した。16面体のサイコロを付属し、出目で決まる16通りの着こなしがQRコードで分かるという。素材はネイビーツイルのパネルと、リサイクルポリエステル100%の生地で、ブランドを代表する2インチダイヤモンドキルティングだ。中綿にも軽量なリサイクルポリエステルを使用し、保温性にも優れている。

 また、コラボレーションを記念してライアン・ガンダーの来日イベントを行う。横浜店でエントランスフリーのパーティーを、発売日の3月18日17:00〜20:00に開催する。

■ライアン・ガンダー×ラベンハム 来日&ローンチパーティー
日程:3月18日
時間:17:00〜20:00
場所:ラベンハム 横浜
住所:神奈川県横浜市海岸通1-1 ジャパンエキスプレスビル1F

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。