ビューティ

コーセーがMLB大谷翔平とグローバル広告契約 「スポーツも美容も毎日を充実させてくれるもの」

 コーセーはこのほど、米MLB「ロサンゼルス・エンゼルス(LosAngels Angels)」に所属する大谷翔平選手とグローバル広告契約を締結した。第1弾は2023年元日に大谷を起用した新聞広告を全国紙の朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞と、地方紙の北海道新聞、岩手日報、岩手日日新聞に掲載する。今後、各ブランドからスキンケアや日焼け止めアイテムなどの広告を順次展開する予定だ。

 コーセーは、中期ビジョンとして「世界で存在感のある企業への進化」を掲げ、今後の新たな客づくりの拡大領域として「グローバル(Global)」「ジェンダー(Gender)」「ジェネレーション(Generation)」の“3G”をキーワードに取り組んでいる。その活動を推し進めるべく、「世界で活躍し、性別や年齢を問わず多くの人に愛される大谷選手と契約を結ぶことに至った。今後、大谷選手とともに、世界中の人々の肌を守り、心を豊かに幸せな人生を過ごせるような取り組みを進める」。

 大谷は、性差や年齢にとらわれず、世界で支持を集めているコーセーの考えや活動に共感。実際に同社の製品を使い、その製品力の高さを実感、納得した上で今回の契約に至ったという。大谷は、スポーツと美容で共通する点について「スポーツも美容も、楽しく健康でいるためには欠かせない、毎日を充実させてくれるものだと思います」とコメントした。

 コーセーはこれまで、日本スケート連名(06年〜)、国際スケート連盟(12年〜)、全日本スキー連盟(18年〜)、日本障害者スキー連盟(19年〜)など、各種スポーツ競技の競技団体や選手個人への協賛、化粧品の提供やメイク指導などの支援を継続的に行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。