ファッション

阪急阪神百貨店・山口俊比古社長「百貨店の役割は『自己実現のサポート』」

有料会員限定記事

 エイチ・ツー・オー リテイリング傘下の阪急阪神百貨店は、大阪・梅田の阪急本店(阪急うめだ本店、阪急メンズ大阪)と阪神梅田本店という強い旗艦店とデジタルを結びつけたOMO(オフラインとオンラインの融合)戦略を推進してきた。ただ山口俊比古社長にいわせれば「OMOはあくまで手段」。リアルやデジタルといった話の先にある百貨店の本質的な役割は何か。理論家の山口社長は、百貨店の提供価値をとことん突き詰める。(この記事はWWDジャパン2022年7月18日号からの抜粋です)

WWDJAPAN(以下、WWD):約4800人の従業員に配布したスマートフォンを通じて、社長自ら動画でメッセージを伝えていると聞いたが。

山口俊比古社長(以下、山口):阪急阪神百貨店のビジョンが従業員一人一人に腹落ちするまで届けたいと考えて出演した。テーマごとに短時間、社会とお客さまの変化を含めて説明している。一方的に発信するだけでなく、それに対する従業員の意見も集めている。当社のビジョンは「お客さまの暮らしを楽しく、心を豊かに、未来を元気にする楽しさナンバーワン百貨店」。私たちの存在価値であり、目指すべき旗である。上が念仏のように唱えても浸透しない。自分ごととして置き換えて、普段の仕事の中で考えることで初めて血肉になる。

提供価値はマトリョーシカの構造

WWD:一番伝えたいことは?

この続きを読むには…
残り2127⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。