ファッション

Makuakeが寄り添った応援されるブランドへの挑戦 「VOL.4 サンヨーコートの事例」

有料会員限定記事

 「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げるマクアケは、ブランドが持つべきパーパスの可視化や、その伝え方、ユーザーとのコミュニケーション作りなどでメーカーに寄り添い、モノ作り企業がモノ作りに集中できる環境整備に一役買っている。ブランドの伴走者、キュレーターの視点で事例を深掘りしながら、応援されるブランドの共通点を探る。

生活にとことん寄り添う、時代を超えて愛用されるモノ作り

 今回お話を伺ったのは、70年以上の歴史を誇るアパレル企業の三陽商会です。その祖業ブランド「サンヨーコート」は、目まぐるしく変化するファッション業界において、長年にわたり「TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。」というモットーの下、いつの時代でも生活者から愛され、必要とされるモノ作りを続けています。三陽商会は、戦後に防空暗幕を再利用して生活者のためにレインコートを作ったという歴史を持っていますが、こうしたブランドヒストリーやモットーを凝縮させた、同社渾身の「クラシックコート」のプロジェクトをMakuakeで実施いただいています。企画・営業担当の田中真一さん、デザイン担当の山本聡さんにお話を伺い、実施した経緯や想い、クラシックコートに込めたこだわりを掘り下げます。

 まず今回のプロダクトは「時代や年代、性別、天気すら関係なく、年間を通して愛用できるクラシックデザインのコート」ですが、この前身となるレインコートを数年前に自社で販売した際、“ブランドストーリーや想い、モノ作りへのこだわりなどの深い部分が、生活者にうまく伝わっていないのでは?”という課題感があったと、企画担当の田中さんは語ります。従来のレインコートをアップデートし、より多くのこだわりと想いを込めて開発した今回のクラシックコートを届ける場として、どこが最適か検討したところ、作り手のこだわりや想いに触れながらお買い物を楽しむユーザーが多く集まるMakuakeを選んでいただけたというのが、プロジェクトのきっかけです。

この続きを読むには…
残り1809⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら