ファッション

透明性ランキング、日本企業の評価は?

有料会員限定記事

 一般社団法人ユニステップスは、英国のNPO団体ファッションレボリューション(以下、FR)が毎年発行する「ファッション・トランスペアレンシー・インデックス(Fashion Transparency Index)」2021年版の日本語訳を発表した。同調査は、年間売上高4億ドル(約461億円)以上のハイストリート、ラグジュアリー、スポーツ、アクセサリーなどの世界の主要ブランドを対象に行われる。21年は、250社が調査の対象となり、うち日本のアパレル・フットウエア企業はアシックス、ファーストリテイリング、ミズノ、良品計画、ユナイテッドアローズだった。なお、企業側から調査対象へエントリーはできない。

 同インデックスは、「ポリシーと公約」「ガバナンス」「トレーサビリティー」「把握・開示・改善」「重点課題」の5つのセクションで評価を行う。セクションごとの配点ウエートは毎年異なり、今年は特に各社の取り組みの結果が重視されたため、「トレーサビリティー」と調査年度ごとに注力テーマを掘り下げる「重点課題」の配点が高かった。「重点課題」項目では、昨年に続く人種やジェンダー平等、生活賃金の保証、二酸化炭素排出量の削減などへの取り組みに加えて、新たに新型コロナウイルスまん延時のサプライヤーへの対応などが評価された。

 全250社の平均スコアは23%だった。20年度にトップだった「H&M」はスコアを落とし、イタリアの「オヴィエッセ(OVS)」が前年から44ポイント増と最もスコアを伸ばして78%でトップだった。一方で「マックスマーラ(MAX MARA)」や「トリー バーチ(TORY BURCH)」などの20の主要ブランドは0%の評価だった。FRは全体の傾向として、「多くのブランドが人権や環境問題に関するポリシーやコミットメントを公表しているが、その取り組みの結果や影響・成果についての情報開示が著しく少ない」と報告しており、より包括的な情報開示を求めている。

この続きを読むには…
残り1648⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら