ファッション

オランピア・ル・タンが手がける「メゾン キツネ」のカプセルコレクションが発売

 「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」は、デザイナーのオランピア・ル・タン(Olympia Le-Tan)がデザインしたカプセルコレクションを2月17日に発売する。「メゾン キツネ」の直営店と公式オンラインストア、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で取り扱う。

 アイテムはウィメンズとメンズ、ユニセックスを用意する。ウィメンズはコート(税込11万8800円)
やブラウス(同3万6300円)、ドレス(同5万9400円)など、メンズはパーカ(同8万8000円)やシャツ(同3万7400円)、Tシャツ(同1万7600円)のほか、ユニセックスはウォレット(同2万2000円)やバッグ(同1万1000円)、スニーカー(同2万6400円)などバリエーション豊富にそろえる。

 プリントのイラストはニューヨーク在住のアーティスト、ジョアナ・ アヴィレッツ(Joana Avillez)が担当。持ち味の遊び心溢れるタッチで、「メゾン キツネ」のアイコンであるキツネが同都市の観光地やアクティビティを楽しむ姿を描いた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら