ビューティ

セルフケアブランド「アイム ラフロリア」からバスアイテムが登場

 メリア(MELLIA)は、セルフケアブランド「アイム ラフロリア(I’M LA FLORIA)」からバスソルト(200g、税込1980円)とバスオイル(100mL、税込3080円)を1月18日に発売する。みずみずしくフレッシュなイヴピアッツェローズの香りがリラックスしたバスタイムを演出する。

 シリーズ共通のコンセプト成分である乳酸桿菌に加え、新成分として柚香エキス(ユズ果汁エキス)を配合し、入浴中も肌のキメを整え保湿する。柚香エキスは徳島や高知県の山間部でのみ栽培され、“幻の果実”とも呼ばれる香酸柑橘類の一種である柚香から抽出。クエン酸を豊富に含む成分としての良さはもちろん、メリアの原由記代表と和田由紀代表の地元徳島県に貢献したいという思いも込めて採用したという。

 バスソルトは、ミネラルを豊富に含んだ約2億5000万年前の天然岩塩結晶であるヒマラヤ岩塩を取り入れる。少量でも温熱効果が期待でき、体を芯から温めて肌を保湿しながら滑らかで潤いのある素肌へと導く。

 バスオイルは、人間の皮脂に含まれている成分で浸透性(角質層まで)や保湿効果があるとされるスクワレンオイルを配合。2層式のエッセンスオイルが肌に潤いを与え、かさついた肌を労わる。

 両製品ともに99%以上天然由来成分を配合し、界面活性剤や合成着色料、アルコールなどを用いない7つのフリーを実現した。

 原代表は、「『アイム ラフロリア』を選択することで、心身がほぐれて余裕が生まれ、それによってバランスが整い自分自身を受け入れ愛することができるように。さらに一歩を踏み出せることを軸にしている。バスタイムはリラックスして、自分自身を労わり高めることのできる特別な時間。日々の習慣の中に取り入れることができるアイテムを作りたくて、バスソルトとバスオイルを提案するに至った。柚香を採用したことは、地元のみんなにも喜んでもらえた。農家の方の思いや、素晴らしいものをもっともっと世の中に広めていきたい」とコメント。

 1月18〜31日には有楽町マルイでポップアップを開催し、通常ラインアップのほか限定セットなどを販売する。店内装飾でのロスフラワー活用や、すべての子どもがありのままの自分で大人になれる社会を目指し活動している認定NPO法人ReBitへの売上の一部寄付など、SDGsの目標達成への取り組みも行う。

 メリアは“毎日を自分らしく(Everyday be yourself)”をコンセプトに17年に原と和田が設立。18年9月にデリケートゾーンケアブランド「アイム ラフロリア」を立ち上げた。全てのアイテムがデリケートゾーンだけでなく全身に使うことができる仕様がこだわり。昨年9月にリブランディングを実施し、機能性の向上や「よりやさしいブランド」へと人にも環境にも優しいブランドに進化した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら