ビューティ

全米売り上げNo.1のネイルブランド「サリーハンセン」が日本上陸

 コティジャパンはアメリカ発ネイルブランド「サリーハンセン(SALLY HANSEN)」の日本での取り扱いを開始し、12月3日に全国のバラエティショップやアマゾンで発売する。同ブランドは60年以上の歴史を誇り、米国のネイル市場における売り上げシェアの約20%を占める人気ブランドだ。

 1946年にサリー・ハンセン(Sally Hansen)が立ち上げた同ブランドは、これまで手頃な価格と革新的な処方で支持を得てきた。現在300色以上のネイルを手掛け、50カ国以上でビジネスを展開している。ネイルカラーに加え、ケア製品やツールなどを販売している。

 今回日本に上陸するのは、中でも人気のライン“インスタドライ ネイルカラー”(全16色、各9mL、各税込715円)だ。1本でベースコート、ネイルカラー、トップコートの3役をかなえるほか、60秒で乾く速乾性を誇り、その手軽さと利便性からベストセラーになっている。12月3日に発売するのは、日本市場のニーズを意識したベージュやピンクなど、使いやすい16色だ。また爪をいたわりながら艶やかな光沢感を与え、ベースとトップコートを兼ねる“ダブルデューティ ベース&トップコート”(13.3mL、税込1100円)、60秒で乾くトップコート“インスタドライ チップレジスタント トップコート”(13.3mL、税込1210円)、弱い爪を補強しながら折れにくく滑らかな爪に整える“アドバンスド ハードアズネイルズ”(全2種、各13.3mL、各税込1100円)、ベースコートとトップコートを兼ねながら爪の変色を防ぎ保湿もする“7 in 1 ネイルトリートメント”(13.3mL、税込1650円)のケア製品も発売する。さらに22年1月28日には、春の新色としてレトロポップなパステルカラー8色(各税込715円)を発売する。

 コティジャパンは2020年11月30日に設立。それまで米コティグループ(COTY GROUP)の日本法人としてHFCプレステージジャパンという名の下事業を運営し、コーセーとの協業で日本向けの「リンメル(RIMMEL)」製品の開発、さらにヘアケアブランド「ウエラ(WELLA)」などを展開してきた。20年5月に本社が「ウエラ」やネイルブランド「OPI」を含むプロフェッショナルビューティおよびヘアケア事業の過半数株式を米投資会社のKKRに売却したことに伴い、日本においても同事業を分割した。日本では「ウエラ」などのブランドは2020年11月30日付で設立したウエラカンパニーが引継いだ。コティジャパンは現在「リンメル」に加え、「グッチ(GUCCI)」のビューティ、さらに「クロエ(CHLOE)」などのフレグランス事業を展開する。グローバルでは、世界最大のフレグランス企業として知られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら